スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
暗殺が横行するロシア
ロシア中央銀行の副総裁、チェチェン報道のジャーナリストの暗殺があったばかりのロシアで、今度は外国貿易銀行の支店長が殺された。11日アパートのエレベーター近くで頭を銃撃されて死亡したのは外国貿易銀行の支店長。モスクワ市検察が捜査を開始した現場には薬莢が落ちていたという。

ロシア語の記事はこちら

どうしてこうも野蛮な事が続くのでしょう。プーチン大統領が海外でいくら宣伝しても、ロシアのイメージは足下から崩れ落ちていく様です。
強権的な上からの管理をいくら繰り返しても無くならないでしょう。国民の意識レベルの問題ですね。(ルイノク)
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/10/12 12:38 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
日本は北朝鮮との戦争を恐れない
イズベスチア紙にこんな物騒なタイトルの記事が掲載されています。北朝鮮の核実験実施に伴い日本政府がとった制裁措置:北朝鮮からの物資輸入禁止、北朝鮮船の入港禁止、北朝鮮国民の日本への入国禁止等、塩崎官房長官の発表内容を報道しています。ロシアから見ると、日朝戦にでも発展しかねない措置と見えるのでしょうか?
もっとも、北朝鮮自体が新たな経済制裁は宣戦布告とみなすという発言をしているので、危険な方向である事は間違いないですね。余談ですが、北朝鮮と接するロシアの沿海州では放射能検知器が良く売れているとの報道も出ていました。

ロシア語の記事はこちら
続きを読む
【2006/10/12 12:26 】
| 日本関連ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
エネルギー資源取引所候補地は旧証券取引所
 ペテルブルグ・ストレルカ脇にある旧証券取引所建物(現在は中央海軍博物館)に、エネルギー資源取引所を設立する動きが出ている。
KSP_006986_00689_1h_t250w.jpg

 10月7日の誕生日にペテルブルグを訪問したプーチン大統領はマトヴィエンコ・ペテルブルグ知事と会談し、同市での石油取引所の設立を伝えたという。これに対し知事は設立候補地として旧証券取引所を提案した。

 問題は中央海軍博物館の移転先と石油取引所のオープン時期。ロシア経済発展省の計画では取引開始を2007年としているが、300年の歴史を有する博物館をわずか1年で移転させるのは難しい。また、博物館の移転先についても海軍省が候補に挙がっているが、そのためには現在海軍省に入っている海軍大学を移転せざるを得ないという。
 さらには旧証券取引所建物の傷みが激しく、修理・改装等を施す必要があるという。

【2006/10/12 03:08 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
モスクワとペテルブルグの公務員の働きぶりは・・・
 経済研究所がロシア国内80地域で行政機関・公務員の労働に関する調査を実施し、その評価結果をランキング形式で発表した。

 調査・評価ポイントは、1)行政機関は機能的に業務を遂行しているか、2)公務員の業務は効率化されているか、3)行政府の市民への対応ぶりなど。モスクワやペテルブルグといった経済的に発展している都市の名前はトップ10に入っていない(モスクワは31位、ペテルブルグは77位)。トップ3にはチュヴァシ共和国、ロストフ州、ベルゴロド州がランクインした。

 モスクワ・ペテルブルグの両都市は他都市・地域と比べ経済的には豊かであるが、公務員の腐敗・市民に対する関心の薄さといった問題を抱えているといえよう。

64101.jpg

【2006/10/12 01:58 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。