スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
プーチン大統領後継
kabinet


2008年3月のロシア大統領選挙に向けて、大統領後継者が誰になるのか今後増々関連報道が多くなるでしょう。そんな中で、先日イワノフ国防相が第一副首相に任命され、これまで一歩リードしていたメドベージェフ第一副首相がロシア政府のインターネットサイトに掲載された写真の順位では2位格になっています。しかし、ロシアの世論調査の結果では相変わらずメドベージェフ第一副首相がトップのようです。全ロ世論調査機関VTSIOMの最近の調査によると、この3ヶ月安定してメドベージェフ第一副首相がリードしており、19-22%の支持率、一方イワノフ第一副首相は10%で2位だそうです。
ロシア語の記事はhttp://www.amic.ru/

スポンサーサイト
【2007/02/27 18:33 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
カシヤノフ元首相を証人として取調べ
 コメルサント紙の報道によると、26日に最高検察庁でカシヤノフ元首相の取調べが行われるという。
 カシヤノフ氏は、1997年にMiG社がインドへ輸出する戦闘機の製造費用として国家予算から割り当てられた2億3,100万ドルの横領事件に関連して、「証人」として取調べを受けることになるが、捜査機関は同氏の横領への関与も視野に入れて捜査を行っている。


kas


ロシア語の記事
【2007/02/27 02:49 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロシア人の嗜好も変わりつつある??
 ロシアビール酒造協会はロシア国内のビール市場規模が2009年までに世界第4位(1億700万ヘクトリットル)となると予想しているという。

 現在ロシアのビール消費量は国民1人あたり65リットル(注:日本は86リットル)だが、同協会は85~90リットルまで増加すると見込んでいる。昨年のビール製造成長率は9.8%で10億デカリットルに達した。ビール酒造協会のピャトコ会長は急成長の理由として、猛暑とワインやビールといったアルコール度数の低い飲料を好む人達が増えているという2点をあげている。
【2007/02/24 02:25 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
最低労働賃金を段階的に値上げ
 22日付コメルサント紙によると、下院の労働・社会政策委員会の第2回委員会で「最低労働賃金額に関する法案」を承認した。

 この法案によると、現在1,100ルーブル(約5,082円)の最低労働賃金額を段階的に引き上げ、9月には2,300ルーブル(約10,626円)にするという。この金額は最低生活費の55%に相当する。現在の2倍以上の金額になるわけだがこれは実はあらゆる種類の手当て込みの金額であり、今まで支払われていた「北部勤務手当て」や「悪天候手当て」「放射線汚染地域勤務手当て」等は廃止される。
 「最低労働賃金額に関する法案」の立案に携わったイサエフ氏曰く、今回の法案には“地域別最低労働賃金額”も導入されるため、地域の特性を調整することは可能だという。しかし同委員会に出席していた保健・社会発展省は異論を唱え、下院での審議の前に再度関係者による協議を行いどの手当てを最低労働賃金額に含めるかといった問題について検討するという。

ロシア語の記事
 
【2007/02/24 02:08 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ペテルブルグのマクドナルドで爆破事件
 サンクトペテルブルクのマクドナルドで爆弾が爆発する事件が日曜夜に発生した。

 事件現場はネフスキー大通りとルビンシュテイン通りの交差点にあるマクドナルド。10名が負傷、ドイツ人旅行者を含む6名が病院へ搬送されたという。原因については複数の説があるが、ケーブルが配線された天井裏で爆発が起こったという説が有力だという。

 サンクトペテルブルク市警察は容疑者の写真を公表、検察も刑事事件として捜査を開始した。

ロシア語の記事はこちら
【2007/02/19 20:25 】
| ロシア社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ボリショイ劇場、アメリカで公演
 2月21~25日の日程でボリショイ劇場がアメリカ・ワシントンのケネディーセンターで公演を行う。

 今回の演目は「シンデレラ」と「ドン・キホーテ」の2作品。21日の「シンデレラ」はスヴェトラーナ・ザハロワとセルゲイ・フィーリン。ペテルブルグのマリィンスキー劇場から移籍したメルクリエフも22日のシンデレラで王子役に挑戦する。ボリショイが誇るプリマドンナ・マリア・アレクサンドラワは「ドン・キホーテ」で主演し、期待の新人ワシリエフはロンドン公演で大絶賛されたオシポワと「ドン・キホーテ」を踊るという。

 今回21日昼にオープン・リハーサルを実施、12$のチケットを購入した人はボリショイのスター達のリハーサル風景を見学することができる(チケットは既に完売)。

 オープン・リハーサルはうらやましい企画ですね。(ルイノク)

ロシア語の記事
ケネディー・センターオフィシャルサイト
【2007/02/19 00:46 】
| ロシア文化 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Ford労働組合、ミロノフ連邦院議長と面談
 インターファックス通信によると、Ford労働組合のリーダーエトマノフ氏は15日、ロシア上院議長のセルゲイ・ミロノフと会談した。

 エトマノフ氏は、工場労働者の指導部に対する要求は、1)ロシアの労働関係法令の遵守、2)労働組合が提案する2007年の団体協約案への署名、であることを会談で明らかにした。
 組合が提案した団体協約案には工場勤務により健康を害した従業員に対する雇用者の義務、年金保障、母子家庭の保育費補償等が明記されている。エトマノフ氏は「外資系企業は企業従業員のために住居建設への投資を義務化する必要がある」とも述べている。

 また、Gazeta.Ru紙によると14日0時に始まったストライキは24時間後に収束したものの、企業・組合間の対立は一向に溝が埋まる様子はないという。上記要求の他労働組合は30%の賃金アップと各種社会保障、労働ポスト保障、一部労働環境の危険性を認めること、安全対策の向上、派遣従業員の受入れ拒否等も要求している。

 現時点でFordの組立工場に勤務する従業員の約10%が派遣従業員。Ford社と直接雇用契約を交わしているわけではなく、彼らの権利はほとんど認められない状況にあるという。また労働組合が提案している団体協約も彼らには適用されない。
 
 日系企業が次々とロシアへ進出している中、今後どのように双方が納得できる妥協点を見出すのかに注目したい。(ルイノク)

ロシア語の記事→interfax,Gazeta.Ru 
【2007/02/15 23:14 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロシア-EU間の査証発給簡素化へ
viza

ロシア下院はEUとの間の「相互査証発給簡素化」に関する合意書(2006年6年25日署名)を批准した。同文書は3ヶ月以内の期限の査証及び一定のカテゴリーの査証発給手続の簡素化について規定している。

 手続きが簡素化されるのは政府代表団メンバー、企業経営者・代表者などの他ジャーナリスト、科学・文化・教育分野の研究者、交換プログラムにより留学する大学生、中高生等である。また、1年から5年未満のマルチプルビザが発給される可能性もあるという。そして外交パスポートを有する者に対しては半年間に3ヶ月未満のビザなし滞在が認められることになる。

【2007/02/15 00:16 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
フォード組み立て工場でスト突入
 ford
レニングラード州にあるフォード車組み立て工場のコンベアーが2月14日0時に停止された。工場側と労働組合が団体協約を巡り2006年から対立、工場側が強硬な姿勢を変えずにいたためストライキ決行を決めたという。コメルサント紙によると約2,000名の労働者のうち1,100名程度がストライキに参加するとのこと。また同工場は1日あたり300台の自動車を製造しているが、ストライキ突入と同時に生産停止状態となった。

 13日にはレニングラード州裁判所が労働組合のストライキに関する葉次は違法であると認める判決を下しているが、組合側はこの判決を不服とし高等裁判所へ控訴する意向を表明している。労働組合長はコメルサント紙のインタビューに対しストライキは高等裁判所の判決が出るまで続けると答えたが、判決の言い渡しまで1ヶ月程度かかると言われている。
 
 稼動停止による損害額は1日あたり300~600万ドル。1ヶ月以上続けばロシア市場におけるフォード社のポジションが危うくなる可能性がある。AGキャピタルのアギバロフ氏曰く、国内で人気の車種Focusが供給できない場合、現代あるいはシボレーに需要がシフトするだろう、とのこと。
【2007/02/14 23:29 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ポリトコフスカヤ殺害の容疑者逮捕か?
コムソモリスカヤ・プラウダ紙は10日(土)にアンナ・ポリトコフスカヤ殺害容疑で2名が身柄拘束されたと報じている。す容疑者とされているのはチェチェン人で氏名等は明かされていない。
20070210

今回の事件では軍事衛星で撮影された映像が捜査に使われたという。ロシアの軍事衛星の精度は地上のテニスボールや自動車のナンバーを認識することが可能。ポリトコフスカヤが殺害された10月7日はプーチン大統領の誕生日であり、万が一に備えて偵察衛星がモスクワを監視していたのだそうだ。

ロシア語の記事はこちら
【2007/02/11 00:40 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ミドルクラスの実態
 コムソモリスカヤ・プラウダ紙にロシア科学アカデミーが2006年秋に行った「ミドルクラス」に関する世論調査の結果が掲載されている。

 調査はロシア国内19の都市・地域に住む1,750人を対象に実施された。「ミドルクラス」の条件は4つ、1)教育水準-特別専門以上の教育を受けていること、2)職業-肉体労働ではないこと、3)収入-地域の平均額を上回っていること、4)社会的地位の自己評価(10段階で評価)*。1)~4)全てが当てはまる人は「ミドルクラス」といえる。
 調査の結果、ロシアの労働人口のうち「ミドルクラス」とよばれるのは20~22%程度であることが分かった(モスクワ、ペテルブルグでは28%)。
 *具体的な数値は記事内には示されていない(ルイノク注)

opros2
1)「不動産の所有状況」
「ミドルクラス」の85%がアパートを所有し、別荘や家付の土地を所有していると答えたのは35%だった。また、8%の人が「セカンドハウスを所有している」と答えている。41%が「アパートを購入したい」という夢を持っているが、これは不動産が投資の一環であると考えているからだ。

opros3
2)「家財所有状況」
カラーテレビの所有率は100%、冷蔵庫は99%。以下掃除機(96%)、洗濯機(95%)、携帯電話(93%)と続く。所有率14%の衛星放送アンテナ、10%のエアコン、8%の食器洗浄機などは今後需要が高まりそうだ。

ちなみに「ミドルクラス」の平均収入は月10,427ルーブル(約4万円)、モスクワでは14,453ルーブル(約5万6,000円)だそうだ。

オリジナル記事はこちら
【2007/02/09 03:20 】
| ロシア社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロシアの通信事情
 インターファックス通信が、レヴァダセンターが行ったロシアの通信事情に関する調査の結果を発表している。

【携帯電話】
2007年1月時点の携帯電話普及率はロシア全土で58%で2005年1月の32%から急増した。モスクワでは69%、3人に2人が携帯電話を持っていることになる。

【固定電話】
ロシア全土は52%、モスクワでは88%。

【コンピューター】
自宅にコンピューターがあると答えたのは20%(2005年は14%)。69%が「コンピューターは使ったことがない」と回答している。

【インターネット】
「インターネットでチャットしたりニュースを読むことができる環境がない」人は81%。モスクワでは31%がインターネット環境が整っていると答えている。

ロシア語の記事はこちら

 
【2007/02/09 02:12 】
| ロシア社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロシア最高検察庁、ホドルコフスキー氏に対し追起訴
 インターファックス通信によると、ロシア連邦最高検察庁は現在詐欺罪・横領罪で服役中のホドルコフスキー氏(元ユコス社長)とレベジェフ氏(元メナテップ会長)に対し資金洗浄の罪で追公訴を提起した。

 追公訴はチティンスク州検察で提起され、両氏は2006年12月中旬に受刑中の刑務所からチタへ護送されたという。


ロシア語の記事はこちら
【2007/02/05 23:23 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2007年は“ロシア語年”
 2007年がロシア語年(Год Русского Языка)であることをご存知でしょうか?ロシア語の乱れが社会問題化していることに伴い国・地方レベルでロシア語の読み書き能力を向上させようという試みが始り、先週早速2,000人以上のウリヤノフスク州職員がテストを受けました。

 知事令により2月1日から実施されているテストは中学校レベルで、正書法やロシア語規範を正しく理解しているかを試すものです。試験中まわりの人に答えを聞いたりする様子はまるで学校の試験時間のようだったそうです。 テストの結果が2以下だった場合、解雇の可能性もあるとのことで皆必死だっということです。

wakaranai

社会はウリヤノフスク州で試験を受ける職員。

オリジナル記事はこちら
【2007/02/04 23:50 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(1) |
「後継者はいない」-プレスコンファレンスで
 先日このブログでも触れた通り、2月1日に恒例の大統領と約1,200名の記者とのコンファレンスが開催された。

 プーチン大統領は3時間32分の間に記者からの69の質問に回答。各国記者の最大の関心事は2008年の大統領選挙で、6社の記者が「後継者」について質問をした大統領は自らの3期目を否定し、「後継者はいない。いるのは大統領候補者だけだ」("Преемников не будет, будут кандидаты на должность президента России")と述べたという。また大統領職退任後は国外へ移住せずモスクワに暮らすことを計画中だとか。

20070201

写真は大統領秘書官の気をひこうと必死の記者

オリジナル記事はこちら
【2007/02/04 23:00 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。