スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
裁判官の汚職度合い
Transparency Internationalが世界の裁判所の汚職度ランキングを発表している。
それによるとロシアでは年間裁判所関係者に支払われる賄賂の金額は2億1000万ドル(約250億円)63%のロシア人が裁判官が汚職にまみれていると判断しているそうだ。
また、裁判判定に政治が関与している度合いが増していると指摘しており、その度合いはアルゼンチン等と並んでいるという。ロシアは62カ国中43番目。経済関係の裁判での賄賂が比較的多く、つい最近までの相場としては資産凍結判決で3-5万ドル、汚職関連裁判では20万ドル、3審上級裁判所では30万ドルとNews.ruが伝えている。

ロシア語の記事はhttp://www.newsru.com/

Transparency Internationalのサイトはhttp://www.transparency.org/
スポンサーサイト
【2007/05/25 18:28 】
| ロシア社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
プーチン大統領後継問題
priemnniki

来年3月のプーチン大統領の後継者を選ぶ大統領選挙まで1年を切ったが、ネット上に"後継者”と名付けられたサイトがある。このサイトが面白いのは、候補者それぞれに支持%と不支持%両方の指標がけいさいされている事だ。因にイワノフとメドベージェフは支持の割合はほぼ互角だが、イワノフ第一副首相に対する不支持の%が多くなっている。イワノフ第一副首相は5月23日プーチン大統領の記者会見に匹敵するほどの2時間20分に及ぶ記者会見を開き、外交、経済、産業等に関する自らの考えを披露している。因にもう一人の有力候補メドベージェフ第一副首相も3月に大々的な記者会見を開いている。
http://www.preemniki.ru/

イワノフ第一副首相の記者会見関連記事はここから

【2007/05/21 13:12 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
 ハバロフスク地方と沿海州の合併
ロシア極東10州の内、これまで2州の知事が更迭された事から極東の今後の位置づけに関して様々な憶測が出てきているとargumenti.ruが指摘している。
これまでカムチャッカ州のマシコフツェフ知事が、つい最近ではアムール州のコロトコフ知事が大統領の信頼喪失したとしてプーチン大統領から解任されている。コロトコフ知事に対しては現在ロシア検察の捜査が継続されている。
沿海州ではウラジオストック市長に対する捜査が継続中で、当初親密な関係にあったダーリキン沿海州知事に対する今後の当局の動きも注目されている。
ロシア極東は現政権がようやく本格的な開発を目的として大きな資金投下が計画されており、政治的に長期にわたって不安定にあった沿海州を中央からてこ入れするような動きが出てきているようだ。
そのような流れの中で沿海州とハバロフスク地方の合併のうわさが流れているという。両州はこの70年間別々の自治体として存在しているが、1920-30年代は一体として機能しハバロフスクが都であった。ハバロフスク地方のイシャーエフ現知事のカリスマ性やこの15年の統治の肯定的実績評価が背景にあるとされる。

http://www.argumenti.ru/
【2007/05/18 16:20 】
| ロシア極東 | コメント(0) | トラックバック(0) |
命の値段は・・・
 2006年8月、ペテルブルグのプルコボ航空の航空機がウクライナのドネツク近郊で墜落、炎上し172名の乗客・乗員が死亡した事故を覚えているだろうか?

 コムソモリスカヤ・プラウダ紙の報道によると、2名の家族を失った遺族がプルコボ航空を相手に900万ルーブル(約4,200万円)の慰謝料を求め起こした裁判の判決が5月11日に行われ、裁判長は同社に対し、犠牲者1人あたり20万ルーブル(約93万円)の慰謝料を支払うよう命じたという。

 今後も数件の同事件の裁判が予定されているが、判決を待つ遺族は同様の判決になるのではないか、と危惧しているという。

ロシア語の記事はこちら
【2007/05/14 02:01 】
| ロシア社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
戦勝記念日の天気はいつも晴れ
oblako


prazdnik


ロシアでは5月9日は戦勝記念日で、近年になくソ連時代を思わせるようなパレードがあり国民は祝賀ムードにつつまれているようですが、News.ruによるとこの日モスクワの天気が必ず晴れるようにロシア空軍の3機の飛行機が出動して首都モスクワ上空の雲を追い払う作戦がとられたそうです。使用された機材はIL-18とAN-26. モスクワ上空250kmで化学品を投下することで人工的に晴れの天気をつくりだすというものです。最終的には12機の空軍所有機がこの作戦に参加すると伝えています。
http://www.newsru.com/

関連ニュース モスクワでは120万人が参加
pabeda


http://www.newsru.com/
この様なニュースをみるにつけ、ソ連時代のロシアを思い出させますね。(ルイノク)
続きを読む
【2007/05/10 12:31 】
| ロシア社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エリツィン元大統領の葬儀に日本の参列は斉藤大使のみ
先週ロシアではエリツィン・ロシア初代大統領の葬儀が執り行われたが、日本を代表して参列したのは、斉藤在モスクワ大使のみだった事で日本の政界からも政府の対応を非難する発言がでているが、ロシアのインターネットメディアNews.ruもタス通信のこの報道を紹介している。タス通信によれば、先週火曜日の塩崎官房長官の記者会見でロシア側から何の正式な招聘がなかったから日本からの弔問団のモスクワ訪問がなかったと報道された。一方で、麻生外務大臣がロシア初代大統領のロシアの改革に対する貢献は偉大だととするインタビューも紹介されている。麻生外相のインタビューでは、来年のG8サミットが北方領土を管轄する北海道で開催される事が決定したが、北方領土問題はサミットの議題にはならいないと発言した事や、解決の方向での進展は2国間の政治ベースでサミット以前に期待されるとのコメントを紹介している。

http://www.newsru.com/world/24apr2007/japanposoleltsin.html
【2007/05/01 17:36 】
| 日本関連ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。