スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ロシアの差別
tarif


ロシアNIS貿易会モスクワ事務所が発行しているモスクワメルマガはロシア経済社会を知る上で非常に参考になるメールマガジンだ。最新号でこんなデータが出ていた。モスクワでの娯楽相場だ。驚いたのは、ソ連時代にホテルタリフ等が自国民と外国人で料金が違う事がよくあったが、メルマガによれば新生ロシアに生まれ変わり西側と同じ市場経済国となって久しい今でも残っているようだ。プーシキン美術館への入館料は外国人から8倍もの料金をとっている。もうそろそろ、こういう差別は廃止すべきだと思うのだが。。。

モスクワメルマガhttp://www.rotobo.or.jp/
スポンサーサイト
【2007/07/26 11:47 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロシアの平均給与
www.aif.ruによると、ロシアの平均給与は500ドルを超えた。(13,810ルーブル)しかし、この平均給与は都市部に比較すると大幅に低く、モスクワでの平均給与は1000ドルを超えている。2007年7月の平均給与は昨年比25%増。この2年間で1.6倍、過去8年間では8.5倍になった。しかし、欧米に比べればまだまだ低いレベルにある。

ロシア語の記事はhttp://www.aif.ru/
【2007/07/24 12:44 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
太平洋パイプライン建設 見込み違い
truba

シベリアの原油を中国、日本さらには太平洋諸国へ輸出するための石油パイプラインの建設第1期工事が進行中だが、当初の計画より大幅に建設費がかかっている事にフラトコフ・ロシア首相が懸念を表明している。独立新聞の報道によれば、当初の建設費は67億ドルに対して現在113億ドルにほぼ倍増。フラトコフ首相はパイプライン建設主体のワインシュトック・トランスネフチ社長に対して、当初計画に比べ10%距離が延長されただけなのに、なぜ費用が2倍に増えるのかと質問している。ワインシュトック社長は、このパイプラインの建設はこれまでのパイプライン建設とは全く違い、500kmの延長により、追加のポンプステーションが必要になり、建設現場のインフラや送電施設の建設、また直接の資材価格もこれまで1トン1300ドルだったパイプ価格が現在は2800ドルに高騰しているとその理由を説明している。現在、総距離2750kmの内1000kmが完成している。建設には2000人以上の中国人が従事しており、40%は中国人が賄っているそうだ。

http://www.newsru.com/finance/20jul2007/vsto.html
将来日本に輸送される原油の価格がますます高くなりそうですね(ルイノク)
【2007/07/20 18:40 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
イワノフ安全保障会議書記が辞職
 2004年3月から安全保障会議の書記を務めていたイーゴリ・イワノフが18日に辞職し、プーチン大統領は代行に副書記のヴァレンチン・ソボレフを任命した。ソボレフ氏は1947年生まれで1999年から副書記を務めている。

 イワノフ氏は数か月前に辞意を表明、7月上旬に辞表を提出しえちた。今後は研究活動を行い大学等で教鞭をとる予定とのことだが、在欧ロシア大使に任命されるのではという噂もある。

 一部の専門家は今回の辞職は、今年12月の下院選、来年3月の大統領選前の内閣改造の始まりとみている。また、イワノフ氏の後任に誰が指名されるのか(現時点で名前が挙がっているのはチャイカ検事総長、チェルケソフ麻薬統制委員長とグルィズロフ下院議長)が注目される。

ロシア語の記事はこちら
【2007/07/19 05:29 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
朝の習慣が変わった・・・???
 かつてのロシアは、朝食は自宅で食べるもの、と考えるのが普通だった。しかし最近になって、朝食をカフェやレストランでとる人がモスクワで急増しているそうだ。
 
 飲食店コンサルティングRestCon社によると、現在モスクワにあるレストランの3割程度が朝食サービスを提供しており、その数字は増加しているという。

 なぜ、朝食をカフェでとる人が増えたのだろうか?その理由の1つが「渋滞」。モスクワ郊外から市内の渋滞は年々ひどさを増しており、巻き込まれるぐらいなら早めに自宅を出てカフェなどでゆっくりと朝食をとろうと考える人が増えているのだそうだ。また、数週先まで予定がぎっしりのビジネスマン達が急用で人に会わなくてはならなくなった時、朝の時間帯にレストランを利用することもあるとか。

 気になるお値段はというと、マクドナルドで120ルーブル(コーヒー、ブテルブロード、ポテトカツレツ)、カフェで90~100ルーブル(コーヒー、ジュース、スィルニキ、オートミールまたはパンケーキ)程度とのこと。

 ロシア語の記事はこちら
【2007/07/13 03:48 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アップル社、モスクワに事務所開設
 先日i-phoneを発売したばかりのアップル社が、今年秋にもモスクワにオフィスを構える方針であることが明らかになった、と7月12日付コメルサント紙が報じている。

 アップル社の関係者によると、オフィスは早くて今年9月ないし10月、遅くとも年明けすぐに開設される予定で、主に同社製品のロシア市場におけるマーケティングや販売促進を行うとのこと。

 専門家によると、ロシア国内のノートブック市場におけるアップル社のシェアは1%未満、世界中でベストセラーとなったi-podのMP3プレーヤー市場におけるシェアは12~15%と低い(米国で70%、欧州で40%)。

 今回のオフィス開設はi-phoneのロシアでの販売と関係があるという。これまでのやり方では、i-phoneがコンピューター等のように売れ行きが伸び悩む可能性があるため、大規模なマーケティングを展開しようというのがアップル社の戦略なのだそうだ。

ロシア語の記事はこちら
【2007/07/13 02:48 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ビール会社オチャコヴォ、資産没収の恐れ
ロシアのビール製造会社「オチャコヴォ」(Очаково)の工業排水によるネヴェルカ川(река Неверка)汚染の疑いが浮上している。ネヴェルカ川はオチャコヴォ社があるモスクワ川の支流。

 9日付コメルサント紙の報道によると、ロシア連邦資源有効利用監視局(Росприроднадзор)は7月4日から5日間同社の工場を停止させた上、6日には裁判所に対し90日間の業務停止命令処分を申し立てたという。

 検査の結果、河川汚染の原因がオチャコヴォ社の排水にあると認定された場合、損害賠償金の請求又は資産没収の可能性があるという。

ロシア語の記事はこちら
 
続きを読む
【2007/07/10 00:16 】
| ロシア経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2014年 ソチで冬季オリンピック開催決定
sochi2014

今月5日グアテマラで開催された国際オリンピック委員会2014年冬期オリンピック開催地決定会合でソチが選ばれた。各国プレスはこぞってプーチン大統領のカリスマ性に寄与するところが大きいと評価している。オリンピックの大スポンサーの一社Samsungに後押しされ、南北朝鮮合同参加をアピールしていた韓国や、施設が完璧にそろっているオーストリア・ザルツブルグという競合を押さえての勝利で、ロシア中がこのニュースに沸いた。プーチン大統領はソチでの冬期オリンピック開催に向けて11の施設の建設と120億ドルの資金を投入すると述べ、このオリンピックの成功を約束でなく保証すると述べている。クレムリンサイトには選考会での大統領の演説ビデオが掲載されており、大統領としては珍しく英語で演説。演説の最後はフランス語で締めくくった。多分プーチン大統領自らが最終ステージでソチをアピールしなければロシアには決定していなかったのでないだろうか。来年退任する大統領が2012年の大統領選挙で再出馬を果たし、2014年ソチでの冬期オリンピックの開催宣言をしないのかと記者に質問される一幕もあったらしい。いずれにしろこのところ欧米との対立の構図が際立、マイナス報道が多いロシアにとって今回の決定は政治的に大きな意味があったようだ。1980年モスクワオリンピックがソ連のアフガニスタン侵攻のため多くの西側諸国がボイコットしたような事態だけは避けたいですね。
ロシア語の記事はhttp://www.rbcdaily.ru/

プーチン大統領の英語での演説はhttp://media.kremlin.ru/

東京がオリンピックに立候補することが話題になっているが、2016年ではなく2020年が本命だとする説があるそうだ。ロシアでも今度は2020年オリンピックへの立候補をサンクトペテルブルグが表明している。日ロで競合することになるかもしれない。
マトビエンコ・サンクト知事の立候補発言http://www.vz.ru/
【2007/07/08 17:23 】
| ロシアスポーツ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ベレゾフスキー氏に国選弁護人
 コメルサント紙7月2日付記事で、アエロフロートの資金横領事件に関する公判を担当しているモスクワ市サヴェロフスク裁判所が、現在イギリスに亡命中で同事件の被告人であるベレゾフスキー氏に対し国選弁護人を任命した、と報じている。

 国選弁護人を任命するに到ったきっかけは、同氏の弁護人による公判への参加拒否である。この事件は被告人の弁護人なしには法廷審理を進められない部類のものであるため、公判をすすめるには国選弁護人を任命する必要があった。

 サヴェロフスク裁判所は、新任の国選弁護人に対し膨大な公判資料に目を通す時間を与えるとのことだが、全ての資料に目を通すにはかなりの時間を要すると思われる。

ロシア語の記事はこちら
【2007/07/03 05:00 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロシア地図に新地方誕生
kamchakka

7月1日からロシアに新しくカムチャッカ地方が誕生した。2005年に実施されたカムッチャカ州(人口330,400人)とコリャーク自治区(人口24,300人)との合併に関する地方住民投票の結果に基づき合併したもの。今年5月26日にはプーチン大統領により、新知事候補としてクズィミツキー・前カムチャッカ州副知事が推薦され地方議会で信任された。7月3日には新知事就任式、12月には新議会議員選挙が予定されている。
ロシア語の記事はhttp://lenta.ru/
カムチャッカ半島についてはhttp://ja.wikipedia.org/
3つの火山のイラストが新カムッチャッカ地方の地方章。富士山に匹敵する火山が複数存在するカムチャッカらしいエンブレムですね。因みに静岡県の県章も富士山のイメージを使用しています。(ルイノク)
【2007/07/01 12:46 】
| ロシア極東 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。