スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
トヨタカムリ ロシア工場生産縮小
プーチン大統領がオープニングセレモニーに参加して生産が開始されたトヨタのサンプトペテルブルグ工場が苦戦している様だ。この工場で生産されているトヨタカムリは当初の計画では年産2万台。しかし現状では年産1万台にも満たないと伝えている。年末年始にかけて12月29日から1月11日まで工場の生産はストップするそうだ。来年の生産計画は1万6000台との事だが、疑問視する見方もある様だ。

ロシア語の記事

一方、ロシアでは各地で中古自動車輸入関税アップに反対するデモが行われている。
輸入関税反対デモ
スポンサーサイト
【2008/12/16 17:59 】
| ロシア経済 | コメント(1) | トラックバック(1) |
プーチン首相 国民対話は12月4日
プーチン首相が大統領時代毎年恒例になっていた国民との対話が今年は首相として始めて12月4日に実施されるそうです。12時開始でその様子は全国にライブで放映されます。
先日11月20日に開かれた統一ロシアの党大会では、2020年までのロシア発展プログラムの内容を公表しましたが、世界的な金融危機の中でロシア経済も大苦戦を強いられており、多くの不安を抱く国民に直接語りかける事を意識した結果ではないかと思います。一方のメドベージェフ大統領は5月の就任以降直接国民との対話の機会はまだ持っていませんが、大統領府のサイトに大統領のブログを立ち上げたり、来年の春には大々的な記者会見が予定されているそうです。

【2008/12/01 13:33 】
| ロシア政治 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。